snow

wiki上SHOCK系列备考内容

GUMIMYK:

LOF留档




MILLENNIUM SHOCK(2000)


帝劇史上初のジャニーズ公演、並びに最年少座長(当時21歳)。帝国劇場初のフライングが導入された。


杰尼斯舞台演出首次登陆帝剧,他本人成为帝剧最年少座长(当时21岁)。帝剧首次出现flying演出。


ショー劇SHOCK2001


年末年始を除く日程が組まれた。


公演安排上剔除了01年的年末和02年的年初。


ショー劇・SHOCK2002


2001年12月 - 2002年1月まで上演された公演の再演。22段の階段落ちの演出がスタートする。


01年公演的再次上演,22段滚楼梯演出登场。


SHOCK is Real SHOCK(2003)


舞台から薫りが出る演出。


出现舞台上散发芳香的演出。


Shocking SHOCK(2004)


劇中劇を『ハムレット』『リチャード3世』『モビィディック(白鯨)』の中から日替わりで選択。


每日公演的剧中剧为交替上演《哈姆雷特》《理查德三世》《白鲸》其中之一。(*根据当年度场刊,所有替换上演剧目为《厄勒克特拉》《曾根崎中心》《理查德三世》《新撰组》《巴黎圣母院》《东海道四谷怪谈》《哈姆雷特》《忠臣藏》《白鲸》)


Endless SHOCK(2005-)


2005


光一自身が脚本・音楽・演出に全面的に関わるようになり、ストーリー・構成・パフォーマンスなど内容を一新。『Blast!』唯一の日本人団員である石川直をカンパニーに迎え入れ、パーカッションに初挑戦。その他、客席上の高さ15メートルに設置された4本のはしごをワイヤ1本を頼りに乗り移るラダーフライングも加わり、これには観劇に訪れたジャッキー・チェンをも驚かせた。この年、光一が新たに作曲した劇中曲は「So Feel It Coming」「Don't Look Back」「Why Don't You Dance with Me?」「Yoru-no-umi」。


光一亲自参与脚本·音乐·演出,故事·系列构成·表演焕然一新。请到Blast!唯一的日本成员石川直加入company,初次挑战打击乐器表演。另,客席上方15米处配置四部梯子,加入了借助一根威亚在梯子间游转的ladder flying演出,这让前来观剧的成龙都大吃一惊。当年度,加入了由光一作曲的《So Feel It Coming》、《Don't Look Back》、《Why Don't You Dance with Me?》和《夜之海》。


2006


今公演の製作発表にて「SHOCK」シリーズは今年で最後、来年からは光一が演出・構成・主演を務める新作を上演すると発表されたが、定員約14万人に対して約208万件の応募が殺到し、ファンからも「まだ観ていないのに」という声が続出。あまりの反響の大きさにジャニー喜多川は「新作も上演したいがファンの声に応えることも大切」と発表を撤回。まだ公演中であるにも関わらず、来年のSHOCK再上演が早々に決定し、発表された。


公演制作发表会上称当年度SHOCK将迎来系列最后的公演,来年发表由光一担当演出·系列构成·主演的新作剧目。然而对于14万人次的演出票,有将近208万件申请涌来,饭也不断抱怨还未看过SHOCK。由于反响太过巨大,Johnny喜多川撤回之前的发表并称虽也想上演新作但回应饭的呼声也非常重要。且在当年度SHOCK仍在公演期时,就早早发表了下年度再上演的决定。


2007


2月公演は今まで維持していた1か月38公演から43公演へと大幅に増やし、過去最多の公演数をこなした。2月17日で通算434公演、動員数80万人を突破。ラダーフライングでは2階席に着地する初演出が加わった。


2月份公演从历来的38场大幅增至43场,有史以来单月内最多的公演场数。截止2月17日,达成434场公演,动员人数累计超过80万。当年度首次在ladder flying段落加入二阶登陆。


2008


初演から7年2か月、1月6日の初日公演で通算公演回数は500回に達し、劇中では大台を記念して作られた光一の銅像が登場し、特別カーテンコールでは森光子から花束で祝福を受けた。1月23日昼公演が開演直後に舞台装置のコンピューター制御に不具合が生じ、安全確保のためにSHOCK史上初の公演中止→2月17日に振替となる。1844人の観客に対して光一が直接謝罪し、カンパニーのメンバーらと共に最後の1人が劇場を去るまで舞台上から見送った。2008年、『Endless SHOCK』出演者・スタッフ一同が第33回菊田一夫演劇大賞を受賞。4月21日に行われた授賞式には光一、屋良朝幸、大倉忠義の3人が出席し、副賞100万円が贈られた。


自初演来7年2个月的1月6日当年度初日,迎来500回公演。剧中,为纪念突破大关而制作的光一铜像登场,特别谢幕时森光子携花束前来道贺。1月23日昼场刚开始,由于舞台装置的电脑控制发生问题,为确保安全,SHOCK史上初次中止公演(当日的公演换到2月17日进行)。光一直面在场的1844位观众谢罪,与company所有成员一起目送直到最后一位观众离场。2008年,ES出演者·staff全体被授予第33回菊田一夫演剧大赏。4月21日光一同屋良朝幸和大仓忠义出席授赏仪式,并受赠100万日元的副奖。


2009


マスコミへの公開舞台稽古は音響トラブルで15分中断するハプニングがあったが、初日本番からは無事に開幕。3月12日夜公演で626回を迎え、『屋根の上のバイオリン弾き』で森繁久彌が19年かけて樹立した単独主演公演回数の記録を8年5か月という帝劇史上最速のスピードで23年ぶりに塗り替えた。植草克秀がオーナー役で初めて出演し、光一は新曲「Yes We Can!」を作詞した。


面向媒体的公开稽古由于音响发生故障而出现了15分钟的演出中段,但正式演出顺利开场。3月12日夜场达成626回公演,以8年5个月的最快速度刷新了由森繁久弥花费19年时间树立并保持了23年的帝剧单独主演公演场数记录。植草克秀初次作为owner役登场,光一为新曲《Yes We Can!》作词。


2010


2002年6月以来の夏公演を含む初の年間全100公演。単独主演で年間100回公演を超えるのは『屋根の上のバイオリン弾き』の森繁久弥、『エリザベート』の一路真輝に続き3人目。3月21日昼公演で上演700回を達成。終演後の特別カーテンコールでは近藤真彦や東山紀之、過去にSHOCKに出演していた錦戸亮らからのビデオメッセージが上映された。10周年を記念し、光一自身が監修した写真集『DOCUMENT.』が帝劇限定で発売。演目では金色の衣装をまとい、和傘を手に高さ8メートルを飛ぶ和製『メリー・ポピンズ』さながらの新フライングが初披露された。


继2002年6月后再一次出现夏季公演,包含夏季公演当年度总公演数突破100场,成为继《屋顶上的小提琴手》森繁久弥和《伊丽莎白》一路真辉后第三个年间公演破百场的演员。3月21日昼场迎来700回公演,终演后特别谢幕上近藤真彦与东山纪之登场,过去曾出演SHOCK的锦户亮送来video message。为纪念10周年,光一本人监修的写真集《DOCUMENT》在帝剧限定发售。演出上首次披露身着金色服装手持和伞在舞台约8米的上空飞翔的如同和制《Mary Poppins》的新flying演出。


2011


帝劇が100周年を迎えた3月1日公演(786回)では特別カーテンコールあり。その夜行われた記念パーティーにも滝沢秀明、亀梨和也らと共に出席した。800回目の公演であった3月11日昼公演の1幕と2幕の幕間に東日本大震災が発生し、公演がストップ。その後も公演を続けるかどうか検討が繰り返され、劇場に観客を入れて準備がされたこともあったが、結局3月31日千秋楽までの残り計28公演の中止が発表された。


帝剧100周年的3月1日(786回)有特别谢幕。光一同泷泽秀明、龟梨和也一同出席了当夜的纪念派对。800回公演的3月11日昼场幕间发生东日本大地震,公演停止。事后反复斟酌是否要继续之后的公演,也曾做过让观众入场的准备,但最终发表地震当天至当年度3月31日共计28场公演全部终止。


2012


       地元スタッフとの綿密な打ち合わせや5000万円をかけての天井の改修などの末、福岡・博多座で初の地方公演が実現し、地震で中止となった幻の800回公演を再スタート。2月7日に行われた公開通し稽古&記者会見では、森光子から「SHOCK」のポスターを笑顔で高々と掲げている1月22日に撮影された森自身の写真とエールが送られた。劇中曲では故マイケル・ジャクソンの振付師として知られるトラヴィス・ペインに光一自ら依頼し、2011年11月にロサンゼルスまで行って振り付けされた新曲「Higher」が追加された。


经过和当地staff的详尽磋商,花费5000万日元改修剧场顶棚,最终实现在福冈博多座进行初次地方公演,因地震中止的第800回公演再开。2月7日进行的公开稽古和记者招待会中,收到森光子在1月22日拍摄的笑着高举SHOCK海报的照片以及来自她的应援。剧中曲加入了由曾担任MJ编舞师的Travis Payne编舞的新曲《higher》,此为光一亲自发出要约,并在2011年11月前往洛杉矶排练。


2013


関西テレビ55周年事業の一環として梅田芸術劇場での初公演が実現。初・女性オーナーとして前田美波里が起用され、昨年までずっと出演してきた米花剛史と町田慎吾が抜けることになったため、台本を光一と帝劇の齋藤安彦プロデューサーが中心となって作り直した。2幕に新曲「DEAD or ALIVE」「夢幻(むげん)」が追加。2013年3月21日に公演回数1000回を達成。初演から12年5か月での達成で、同一演目に単独主演の舞台としては国内演劇史上最速。1000回公演記念SHOCKベアが帝劇内で販売された。


作为关西电视台55周年纪念项目的一环,SHOCK实现梅田艺术剧场初次公演。启用前田美波里作为系列首位女性owner。直到去年仍然出演的米花刚史与町田慎吾脱退,以光一和帝剧的producer斋藤安彦为中心修正剧本。2幕加入新曲《DEAD or ALIVE》和《夢幻(むげん)》。3月21日达成1000回公演,初演至今历时12年5个月,日本国内演剧史上最快达成同一剧目单独主演1000回。千回公演纪念SHOCK熊在帝剧发售。


2014


全ての公演に共に出演してきたダンサーの赤坂麻里が前回の梅田芸術劇場千穐楽での1078回公演で卒業となったため、「SHOCK」シリーズ全公演に出演しているのは光一のみとなる。ラストナンバーの「CONTINUE」が9年ぶりにアレンジされ、曲や映像で冒頭から後半までを振り返るダイジェスト的な演出となった。ジャニー喜多川曰く、「光一の初めての“変化球”」。2月20日昼公演で1100回を達成。10月26日の夜公演では松本幸四郎の『ラ・マンチャの男』の1207回を上回り、日本の単独主演ミュージカルの上演回数で1位となった。


初演以来一直参与演出的dancer赤坂麻里在上一年度梅田千秋乐毕业(共演场数1078回),至此,SHOCK系列全公演参与者仅剩光一一人。终曲《CONTINUE-ending-》时隔九年进行了改编,并剪辑回顾开头到后半段的表演场景(在舞台两侧屏幕上播放)。Johnny喜多川说,这是光一打的第一个变化球。2月20日昼场迎来1100回。10月26日夜公演(1208回)超越松本幸四郎1207回《我堂吉诃德》成为日本单独主演音乐剧场数第一。


2015


シリーズ15周年記念公演ということで、製作発表は史上初のファン参加型形式で行われた。内容も光一の発案で殺陣のパターンが追加され、オンブロードウェーでの初披露曲を新曲「Dancing On Broadway」に変更、コウイチとライバル役が楽屋でぶつかり合うシーンはセリフではなく新曲「Missing Heart」で表現されるようになった。3月19日の昼公演中に2枚のLEDパネルが倒れ、出演者5人とスタッフ1人が負傷する事故が発生。19日の2公演が中止となったが、上演前に光一が事故の経緯を説明・謝罪したうえで、翌20日の夜公演から一部演出を変更して再開した。


系列15周年纪念,首次采用饭参与的方式进行制作发表。内容方面,由光一提案丰富了杀阵的演出模式,并更换on-Broadway的表演曲目为新曲《Dancing On Broadway》,同时乐屋koichi与对手役争吵的地方从台词改为用新曲《Missing Heart》进行表现。3月19日昼场2块LED屏幕倒下,出演者5名和staff1名受伤。19日的两场公演中止,次日20日开演前光一就事故情况进行了说明和谢罪,夜场更改了一部分演出后再开。


2016


帝国劇場内では『エンターテイナーの条件』会場限定版がいち早く販売された。3月14日の夜の部で公演回数1400回を記録し、カーテンコールには市村正親がサプライズ登場して祝福した。2000年の初演から16年・37歳での達成となり(同一演目舞台での単独主演回数が2017公演である『放浪記』は主演の森光子が79歳で1400回に達した)、累計動員は250万人を超えた。


《Entertainer的条件》会场限定版于帝剧先行发售。3月14日夜场迎来1400回,谢幕意外惊喜,市村正亲登场祝贺。2000年初演以来历时16年,在37岁达成,累计动员250万人以上(同样的1400回,保持舞台剧目单独主演记录第一2017回《放浪记》的森光子在79岁时达成)


2017


肉体改造を行って公演に臨み、3月31日の千秋楽公演で1500回公演を達成。初演から16年5か月・38歳での達成となり、動員数は270万人、階段落ちは合計3万492段を記録。読売新聞東京本社ビルでは2月1日から「読売新聞・報知新聞『SHOCK』記事展 2000〜2017」が開催され、3月31日には記念号外も発行された。


光一进行了肉体改造迎接公演。3月31日千秋乐1500回,初演至今16年5个月,38岁达成,动员人数270万人,滚落阶梯合计约30492段。读卖新闻东京总部自2月1日起开办SHOCK记事展2000~2017,3月31日发行纪念号外。




TO BE CONTINUE



评论

热度(29)

  1. snowGUMIMYK 转载了此文字